彩色ダイアリー

釣り好き主人のつりの話や・・・、
こんなのありました・・・、
マイフェイバリットな色々を綴った日記です。

興味のある方も無い方もチョットのぞき見大歓迎!
心に花を・・・幸せ気分で毎日を!(^◇^)

エギ アオリイカ

これから、海へおもむきイカを釣る・・・。と言えば、アオリイカ。


秋アオリは新子。新子はエギで狙うのが効率的だし、楽しい釣り。波止で磯で、これからはエギンガーの活躍する季節。


KIMG0031.JPG



上述の画像はアジで釣れたアオリイカ。


これを疑似餌の一つエギで狙います。陸ッパリの場合、スピニングリールにエギングロッド。


船釣りの場合は、ティップラン。仕様はスピニングリールにティップランロッド。
ティップランロッドはエギングロッドよりも少々柔らかなイメージ。シャクリに特化したというより、船の流れの中での微妙なアオリの挙動に、対応したロッドという印象。


もう一つの船釣りでの秋アオリの狙い方に、中オモリ式での釣り方があって瀬戸内海での船釣りでは、その釣りが楽しめます。短い竿を駆使して、ベイトリールで愉しみます。


PEは1号未満が主流。海釣りでは細仕掛けな方。中オモリは30号の細長い形状。リーダーにオモリを施してその一~二ヒロ先にエギをセット。オモリが着底したら、すかさず50~70cmほど底を切ります。


更にすかさず数回、シャクリをいれます。そして、数秒ステイ。これを2~3回繰り返して、反応が無ければ再び底取り、若しくは仕掛けを上げて具合を確認して、投入。


アオリのアタリを知るには、ラインのハリが必須。張ってないとアタリが穂先にまで伝わりません。かと言って張り過ぎるのも禁物。エギの挙動に悪影響。


何事にもホドホド・・・・!


秋アオリは小ぶりだけれど、数で勝負。刺身が絶品、ゲソは塩・バター・コショウで軽く炒めれば、最高の酒の肴!イカは火を通し過ぎないのがキモ。風味と言い、歯ごたえと言い思い出すだけでヨダレが・・・?


IMG_1686 (1).JPG



さて私事ですが、エギのお話。
船釣り、中オモリ式で秋イカを狙う、初めての皆様におススメのエギのご紹介。


エギに関しては、ケチっては釣果もそれに比例します。ツマリ、パチモンのエギなら釣果は、その日のラッキーのみに頼らざるをえなくなる危険性があるという事なのです。


どんなに腕前がよろしいアングラーでも至難の業、神技のテクがないとアオリイカは中々、見向いてくれないという事です。


アオリイカだけは、経験値が最も正確な情報を提供してくれる釣りと言えます。


そこで、現状最高スペックのエギのご紹介。


FishLeague エギリー エギ エギング ダートマックス 2.5号 #1 【即納可能】



エギは、メーカーによってそのパフォーマンスが変わります。
中オモリ式の秋アオリを船から狙うには、コノエギがないと大漁は難しくなると言えます。


特にデビューなアングラー諸氏には、躊躇することなく2~3本は用意しておいてほしいエギと言えます。とある、船釣りの船長からの受け売りですが、正にその通りの釣果だったのでコノ秘密を暴露しました。


ダートマックスで、絶対の釣果をゲットしてください!
アオリイカは絶品ですからネ(^_^)v