彩色ダイアリー

釣り好き主人のつりの話や・・・、
こんなのありました・・・、
マイフェイバリットな色々を綴った日記です。

興味のある方も無い方もチョットのぞき見大歓迎!
心に花を・・・幸せ気分で毎日を!(^◇^)

無添加 日本酒

寺田本家の日本酒は、無添加の日本酒。


一般に入手出来る日本酒のほとんどは・・・?以下の様な歴史が・・・。


戦後、 日本酒の製造は米不足も相まって、旧法の制限から酒税法では、白米1トン辺り280ℓのアルコールを添加してよいとされ、これを120リットル以下に抑えれば本醸造、本造りと称する事が認められていました。


琥珀酸、ブドウ糖、水飴、糖類、グルタミン酸などの添加を許可していたわけです。日本酒での悪酔いの主原因は、これらの添加物が大きく作用していたともいわれています。また酒のベタつき感は、添加物の水飴が主犯だとされたりしました。


また、桶売りと称して、酒造会社から他の酒造会社に日本酒が売り買いされていて、多くの小さな酒造メーカーから数社の大手のメーカーに酒が販売され、結果、その大手酒造メーカーが一般消費者に、日本酒を販売する様な状況にもなった様です。


当時の日本酒には、特級 一級 二級と言ったランク付けがなされていましたが、それは税金の額で、酒の品質ではなかったのです。その酒税法も、ガットでサッチャー首相らに指摘されて、国際的な場で、その酒税法は平成元年に廃止、新たな税法が施行されました。


一方、昭和48年を頂点にに、国内では日本酒の売れ行きが下り坂にというのが、今の日本酒までのザッとした、史実の一つなのだそうです。



さてその時期辺りに、23代目寺田啓佐氏は心機一転、桶売りから脱却して寺田本家から一般の消費者のもとへ、日本酒を販売することになりました。その道のりは、非常に大変なモノだったそうです。


参考までに、蔵元・寺田本家23代当主 寺田啓佐氏の"失敗を誰かのせいにするのはやめよう"を・・・!


無添加の日本酒とは昔、酒は百薬の長とまで言われるほど、市井の人々には愛されてもいました。しかしながら、昨今では懐疑の目の方が・・・?


23代当主は自身の健康を取り戻した時に、ヒトは菌と共に生きている事を悟り、日本酒は菌の力で製造される事に太いベクトルを据えて、本来の日本酒造りに精魂を込めたそうです。


腐敗と発酵は別モノ。腸内フローラには善玉菌と悪玉菌がバランス良く、元気な状態でないといけない。日本酒も同じ。そもそも日本人は菌食が健康の源だった。醤油も味噌も納豆も・・・!そして、古来の日本酒も・・・!


そんなお酒が人気な様なので、寺田本家の日本酒の件、ご紹介です。


五人娘 自然酒 生もと仕込純米酒 1.8L
五人娘 自然酒 生もと仕込純米酒 1.8L
寺田本家
Alcoholic Beverage



そして、もう一つ面白いお酒、発芽玄米酒。1本1本味が違う。飲み始めた頃と飲み終える頃にも味が変わる。正に生きている日本酒。


発芽玄米酒「むすひ」生酒・寺田本家 千葉県 720ml【クール便発送商品 送料+クール便代216円(込)】
発芽玄米酒「むすひ」生酒・寺田本家 千葉県 720ml【クール便発送商品 送料+クール便代216円(込)】
発芽玄米酒「むすひ」
Alcoholic Beverage