彩色ダイアリー

釣り好き主人のつりの話や・・・、
こんなのありました・・・、
マイフェイバリットな色々を綴った日記です。

興味のある方も無い方もチョットのぞき見大歓迎!
心に花を・・・幸せ気分で毎日を!(^◇^)

ノンカフェイン 健康茶 ルイボスティー

誰でも健康的に飲めるお茶。オーガニックで農薬の心配のない品質の良いお茶。しかも、ノンカフェイン。


ルイボスティーはもう30年以上前に、日本に上陸。その頃筆者は、生まれた頃からのアトピー性皮膚炎に大いに悩まされていました。多くの医院・病院で診察を受けても、返る答えはほぼ同じ。「体質の変化する時、アトピー性皮膚炎の症状は多少変化するでしょう」それが、回答。


特効薬は残念ながら、ありません。ただ、症状を一時緩和する処置と薬があるというのが現状。アトピー性皮膚炎にお悩みの方ならご存知の、ステロイド系。


ただし、当然ながら副作用があるので、処方に従って服用し、尚且つ通院が必須。つまり掛りつけの医師の弛まぬ観察と診断が、必要。そんなアトピー性皮膚炎。食事も制限され、紫外線や肌に触れる衣類などにも注意が必要。気温差にも敏感なアトピー性皮膚炎。


しつこくて、悩ましい、辛い症状。人によっては、死ぬまでお付き合いしないといけないアトピー性皮膚炎。筆者はどうやら、その手の症状。


ただ、ラッキーだったのか、ルイボスティーのお陰なのか、ある年齢を過ぎてからアトピー性皮膚炎の症状が、劇的に穏やかに・・・!


診断してくれた医師の皆様の回答が、我身に起こったのか・・・?あんなに酷かった症状が鎮静化。その症状とは・・・?例えば関節の裏側の汗の貯まりやすい箇所は、痒さの極致で掻きむしり出血で、痒みと痛さの繰り返し。自毛で刺激されて顔にも痒さが発症したり、眉毛が無くなるほど掻きむしったり、頭部にもかさぶたが出来るくらいにアトピー性皮膚炎の症状が・・・?


何より親の負担が、物心がつく歳になれば、気になるモノ。
アトピー性皮膚炎、ど真ん中の症状だったのが、短期間の間に、本人も気づかぬ内に症状が緩和されて、アトピー性皮膚炎での通院は、その頃からしなくなって・・・!今では古い記憶として脳裏に・・・。


・・・で、本人自身のこの変化についての回答は、二つしか見当たらない。


その一つは、医師の皆様の回答。すなわち、体質の加齢による変化。
二つ目は、その頃から数年飲み始めた ルイボスティー による生活習慣の変化。


己が身体で経験した日頃の生活の臨床的な、そして全く個人的な見解にしか過ぎない、極所的で少数的な、もしかしたら何ら因果関係もないかも知れないけれども、これが一つの回答。


そうとしか考えられないアトピー性皮膚炎の筆者が出会った、ルイボスティーとの想い出。ワラをも掴むほどの思いで、アトピー性皮膚炎に悩まれている方でもし、ルイボスティーを知らない方がいるのであれば、一度試されてみては・・・?


ルイボスティーはノンカフェイン。SOD効果が期待出来るので、抗酸化作用があると言う事。原産地は南アフリカのセダルバーグ。栽培が他の地では難しく、その地で獲れたルイボス同様の効果は他の地では未だ確認されていないとの事。


強い日差しと彼の地の厳しい環境でしか育たない、不思議なルイボス。当時、あまり知られていなかった頃は、取引先の会社からの直接手に入れていましたが、今やルイボスティーは、有名なノンカフェインで健康的なお茶として知られる様に・・・。


特にグレードというモノはないのでしょうが、一つのおススメなら・・・。


アスパラリネア ルイボスティー 3.5g×30包 ×10個(1ケース)セット