彩色ダイアリー

釣り好き主人のつりの話や・・・、
こんなのありました・・・、
マイフェイバリットな色々を綴った日記です。

興味のある方も無い方もチョットのぞき見大歓迎!
心に花を・・・幸せ気分で毎日を!(^◇^)

オニカサゴ 船釣り

オニカサゴは中深海の船釣りで釣れる獲物。


深海釣りではなく、中深海の釣りは、道糸PEが4~5号程度で、 300m巻ける普通の電動リールで釣れる船釣り。


これが深海釣りになると、もっと太いPEで1,300m程を巻いた深海専用の電動リールでの釣りという事になって、船釣りのカテとしてはタックルが変わってきて、釣り自体の趣きが変わって来ます。


それでも、中深海ともなるとそこでの獲物の成長は、浅いところに比べれば時間が必要で、獲物になるオニカサゴは結構な年数を要してデカくなり、アングラーを楽しませてくれています。
 


深くなればなるほど、そこに棲む魚はエサの調達が厳しくなり、それも要因してか成長するのに時間がかかるのだとか・・・?オニカサゴはカサゴとは姿かたちは似ているものの、釣り味も食味も異なります。カサゴでさへ、すでに高級魚・・・?オニカサゴは更に、超高級魚!


しかも、フグの様にヒレ酒も愉しめて、捨てるところがないくらい美味しいお魚。これまた自前で釣らないと、中々食せないお魚。但し、ヒレには注意。刺されると厄介なことに。それこそ、オニカサゴたる所以・・・?


釣り方は、ムツ針を使用。ネムリの深い針ツマリ、曲がっている部分が深い針。2~3本のサビキスタイルの仕掛けでオモリは100号以上。100mを超えると否が応でも糸フケが発生するので、針掛かりすれば電動でMAXのスピードで強引に針を獲物にかけに行きます。竿先がピピっと振動すれば、すかさず5m程、早巻きします。掛かっていれば、引きは最高。餌はサバの切り身皮付きやイカ、カツヲのハラモなどを外れない様にシッカリ針にかけて・・・。


中深海から獲物を上げる時、釣り上げているときに針穴が大きくなることを想定して、針が外れない様にしかも糸フケがあると暴れた時逃げられることも考慮しながら、道糸を巻いて行くのがポイント。


海面に浮いたからと言って、油断できないのがオニカサゴ。元気に暴れ回ったりします。なので、たも網で丁寧にすくわないと・・・。




中深海の釣りでは、ゲストにホウボウなどが掛かったりも・・・。こちらも自前で釣らないと中々味わえない獲物。ウキ袋が珍味。汁物の椀ダネとかに・・・!




両方とも数日寝かせて刺身が極上。出汁も上品な味が出るので、なべ物や汁物も勿論、最高に美味。根魚系は血も少ないので、あえて〆る必要もありません。オニカサゴは高級な魚の一つです。


ご参考までにマイフェイバリットなタックルのご紹介。中深海の釣りをより楽しめるロッドとリールです。もっと大きな獲物にも安心!


ダイワ 極鋭 中深場 M−205 AGS


コノ釣りに特化した竿。バットはシッカリ、穂先は敏感。


28日10時までポイント5倍!【シマノ】 15 フォースマスター 3000(82000)


中深海にも天秤カゴフカセ釣りなどでも最も頻繁に使用される電動リール。結構な大物釣りにも対応する、電動リール。